• ムームー レインボー

アメリカ本土からの風呂敷注文、アメリカでの認知度ってどうなの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカ本土からの風呂敷注文、アメリカでの「風呂敷」の認知度ってどうなの?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コロナを機にスタートした風呂敷ハワイですが、スタートして以外なことがわかることってありますよね。

風呂敷ハワイも、実際には日本の方に向けてハワイと繋がっていただきたい、ということでスタートしましたが、実際にはアメリカ今度やハワイのローカルの方から思ってもいなかったような依頼を頂くことが起きています。


最近、ハワイの企業様やアメリカ本土の会社様、または個人の方から風呂敷を〇〇枚欲しいので作っていただけませんか?というお問い合わせになります。

最初始めたころには、アメリカでどの程度、風呂敷が浸透しているのかわからなかったのですが、エコなラッピングペーパーとしてラッピングサービスの会社様からのお問合せをいただきたり、ハワイアンテーマのレストランで、ナプキンとして利用したいので大量に欲しいという内容です。

どんな問い合わせか、少しご紹介させて頂きたいと思います。


企業で使うノベルティ

会社内で会社のロゴ入りのペンやTシャツを社員へのプレゼントに渡すことはアメリカの会社では珍しいことではありません。日本でも〇〇周年記念などで会社内のお祝いやイベント時に、会社のロゴ入りアイテムを配ることがあるかと思います。

マグカップやメモパッド、USBメモリ、ペンなど色々ありますが、ご相談いただいた会社様は、ハワイの建設会社で社員たちへオリジナル風呂敷を50枚作ってもらいたい、というご依頼でした。

風呂敷ハワイでは、ロゴの刺繍を入れることや、オリジナル生地を作ってフロシキを作ることも可能です。ロゴ刺繍の方が価格的には抑えられますが、枚数によっても価格が変わりますが、ご予算に合わせてご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談くださいませ。



ハワイアン雑貨。ハワイアンナプキン。ハンカチ。
ノベルティとしても使える


起業をしたので、風呂敷を卸してほしい。作ってほしい。

アメリカでは個人経営のお店が増え、オンラインでオリジナル商品の販売をすることも更に増えてきました。アメリカ本土からのお客様で数人、ご相談をいただきました。

風呂敷ハワイではすでにある風呂敷の卸販売に加え、ご希望のサイズや柄でお客様に合わせた風呂敷を作ることも可能です。

ハワイに縫製工場を持っていますので、メイドインハワイの商品となるるため、海外縫製商品に比べると割高になっては島しまいますが、ハワイの人達を支えるためにもハワイ製造にこだわっております。ハワイでは移民の人も多いため、格安で作業を依頼している工場もありますが、風呂敷ハワイでは正社員による縫製員による作業工程となってます。裁断も全て写真によるものなので、内職の方に依頼することもなく行っております。



レストランでのナプキン

リゾートやハワイをテーマとしたホテルやレストランはアメリカ本土にも沢山あります。そのような会社から、風呂敷ハワイのナプキンを大量に作ってほしいという依頼が入りました。残念ながらハワイアン生地は生産に限りがあるため、いつでも大量に在庫があるとは限りません。そのため、このお客様の場合にはどうしても納期が厳しく、要求にこたえることができませんでしたが、納期に余裕をもってオーダーいただければきちんと対応することが可能です。

数にもよりますが、生地さえあれば急ぎの製造も可能なのが強みです。中国やインドネシアといった海外での製造ではないため、アメリカ国内で作り発送もするので、素早い対応が可能ですし、質も安心していただけます。遠い場所からの輸入では、船便などで配送中に何が起きるのかもわかりません。アメリカ国内での縫製なので、数や納期についても柔軟に対応をさせて頂いております。 



テーブルナプキンやインテリアにハワイアン生地
テーブルナプキンやインテリアにハワイアン生地


風呂敷は、使い道も色々ですし、実際にギフトを包む小物としても活躍し、そして、その後もまた何かに使っていただけますし、男女問わないアイテムなので。ギフトとして渡しやすいアイテムですよね。日本の包む文化、結ぶ文化がこうして世界に広まっていくのは嬉しいですよね。自国の文化を誇って、エコも日本文化も広げていくのはまずは自分からですね。


風呂敷ハワイでは小、中、大量のご注文にも対応しております。お問合せはお気軽にメールにてどうぞ。


2021年10月

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示